ip

交通事故に強い大阪の弁護士

梅田アリスト法律事務所 弁護士 井川慶子
06-6926-4465
大阪市北区(梅田から徒歩10分)

元保険会社側の弁護士。保険会社の内部
事情を熟知しているので安心。
解決事例は200件以上。
医療知識も豊富です。
適正な後遺障害等級獲得のためアドバイス。


弁護士のメリット

無料相談 好評受付中です。

 交通事故の被害に遭われた場合、早期に弁護士が入って、保険会社と交渉を進めた方が良いと言われます。どのようなメリットがあるのでしょうか?

 メリット1 賠償額が高額となります。保険会社は、弁護士が入らない場合、保険会社独自の基準または自賠責の基準に基づいて賠償額を提示してきます。そのため、提示額がどうしても低くなります。弁護士が入った場合には、裁判基準に基づいて請求を致しますので、賠償額が高額になります。

 メリット2 保険会社との交渉のストレスから解放されます。

 メリット3 保険会社の言いなりにはさせません。保険会社側は、被害者の方の症状だと既に症状固定となっているなどとして、病院での治療の打ち切りを求めてくることがあります。被害者の方は、交通事故における賠償の知識があまりないことから、保険会社の言いなりに通院をやめてしまう場合があります。通院期間や、症状固定時期は、交通事故の損害賠償において重要な点です。この点を、保険会社側の言いなりに決めてしまいますと、後から取り返しのつかないことになります。

 このように三つの大きなメリットがあります。私が、これら三つのメリットを最大限に引き出します。


(最終更新 令和1〔2019〕年7月9日)

 → このページの最初に戻る。

 → 交通事故に強い弁護士 のページに戻る。

© 2016 Soleil Lawoffice Lawyer Keiko Ikawa